頭皮の薄毛予防にはAGA治療薬のプロペシアが有効

中高年になってくると、頭皮が薄くなってくることが気になり出す人が増えます。
しかし、最近の傾向としては若い世代の人であっても、頭皮に薄毛の症状が現れていることも珍しくないと言えます。
特に年齢的に若いうちから薄毛になっているときには、AGAについて疑うべきだと思います。
薄毛には様々な原因があると考えられていますが、そのうちの代表的なものの1つとしてAGAを挙げることができます。
AGAとは男性型脱毛症とも呼ばれている薄毛のことで、男性ホルモンが原因で引き起こされます。
男性ホルモンと体内の還元酵素の5αリダクターゼが結合して、DHTという男性ホルモンが生成されるわけですが、このDHTは毛髪における成長期を短くする作用があると言われています。
つまり、DHTが多量に体内で生成されてしまうと、髪の毛の成長期が短くなるために、細くて弱い毛髪が増えることになり、頭皮の薄毛に繋がります。
頭皮が薄くなってしまうことを予防するには、専門的に開発されたAGA治療薬であるプロペシアを服用する方法があります。
プロペシアに含まれているフィナステリドという成分は、5αリダクターゼの作用を阻害する働きがあることから、DHTが多量に生成されてしまうことを予防できます。
それによってAGAによる薄毛の予防にも繋がりますので、専門のクリニックなどで処方が行われているAGA治療薬となります。
プロペシアを服用する方法で薄毛を改善させるためには、3か月から6か月ほどにわたって継続的に毎日治療薬を服用する必要があります。
プロペシアの処方は保険が適用されない自由診療となりますので、受診するクリニックを選ぶときにはどの程度の費用がかかるのか事前に調べておくことがおすすめです。