ナツシロギクの発毛や育毛効果と脇脱毛とAGA

ナツシロギクは伝統的な薬用ハーブの一つで、装飾に使用事も在りますが、古くからヨーロッパ諸国では庭で栽培されて来た植物の一つです。

また、ナツシロギクは成長すると高さ46センチほどの大きさになり、群生を作り上げるのが特徴で、広がるのが早いなどの成長力を持つ植物です。

尚、ナツシロギクにはリウマチの炎症を改善する効果、育毛や発毛などの対する効果を持つことからも、発毛や育毛効果を持つ健康食品として販売している会社も多く在り、ナツシロギクの有効成分になっているパルティノライドと言う成分が、毛母細胞を活性化させる作用が在ると言われています。

AGAの治療にはプロペシアが有効と言われています。
プロペシアは強制脱毛ホルモンを抑制する作用と、強制脱毛ホルモンに変換してしまう酵素を阻害する作用が在り、プロペシアを服用する事で毛周期が正しくなり、発毛の期待が出来るようになります。

AGAの症状を持つ人と言うのは、生えて来た髪の毛を脱毛させてしまうと言う強制脱毛ホルモンが存在しているため、このホルモンを制御することが治療の秘訣ともなっています。

毛周期には成長期を初め、休止期と退行期の3つのサイクルが在ります。
脇脱毛などを行う場合は成長期の毛を脱毛することで医療脱毛の中では永久性を得ることが出来るなどのメリットが在りますが、AGAの場合は成長期の期間を長くすることで発毛の期待が出来るようになります。

因みに、プロペシアを服用した男性の中には脇毛が薄くなると言った副作用が生じる事が在ります。
脇毛以外もすね毛や胸毛、ヒゲなどが従来と比較すると薄くなると言う作用が生じるケースが在り、プロペシアにはAGA治療だけではなく、ムダ毛を薄くさせる作用が在るなどの特徴も在ります。