AGAを治すならクリニックでプロペシア服用で改善

薄毛で悩んでいる人は中高年というイメージかもしれませんが、近年では若い世代の人も増えていると言われています。
特に若い世代で薄毛の症状が現れているときには、AGAを疑う必要があります。
AGAとは男性型脱毛症のことで男性ホルモンが原因で引き起こされる薄毛であると考えられており、生活習慣や食生活、ストレスなどが原因の薄毛とは異なるものと言えます。
他の薄毛の場合には、生活習慣を見直すなどの改善方法が有効な場合もありますが、薄毛の原因がAGAであるときには専門の対策を行わなければなりません。
海外の医薬品メーカーが開発した薬として、AGA治療薬というものがあり、日本の厚生労働省でも認可しているために、クリニックを受診することで処方をしてもらえます。
クリニックで処方を受けられるAGA治療薬としては、プロペシアやミノキシジルがありますが、健康保険が適用されない保険外医療に該当します。
そのためにプロペシアやミノキシジルの処方を受けるときには、健康保険証の提示は必要とされていませんが、自由診療になるのでどの程度の費用がかかるのか、事前に医療機関に問い合わせておくことがおすすめです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドというものですが、このフィナステリドは男性ホルモンと結合する性質を持っている酵素の作用を阻害できる働きがあるために、薄毛を発症する男性ホルモンであるDHTの生成を減らすことができます。
プロペシアの服用は男性型脱毛症である薄毛の場合に、有効性が高い医薬品と考えられていますので、近年では第一選択薬となっています。
ミノキシジルは血管を拡張させる働きがある医薬品ですので、頭皮に行き届いていない栄養素を運ぶことを助ける作用があります。