AGAに男なら誰でもなるのか

AGAとはAndrogenetic Alopeciaを略した言葉で、日本語で男性型脱毛症のことを言います。思春期以降に生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなっていく症状で、進行していくという特徴があります。AGAの原因が、男性ホルモンであるということは知られています。女性にも男性ホルモンは分泌されていますが、分泌される量が多い男性の方が薄毛に悩むことが多いためです。しかし、この理論でいくとすべての男性がAGAになってしまうことになります。男性ホルモンにはいくつか種類があり、その中の抜け毛を誘発する特別な男性ホルモンに反応しやすい体質化どうかで髪の毛の状態が変わります。
ですから、男性なら誰でも薄毛になるわけではありません。中には、体毛が濃いなど男性ホルモンが多く分泌されている人はその分薄毛になりやすいと言う噂がありますが、これも間違いです。男性ホルモンの量ではなく、男性ホルモンの影響を受けやすい体質化どうかでAGAになるかどうかが決まります。薄毛の原因になる男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンであることが分かっています。ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質でも、全ての人がAGAになるわけではないので、なりやすいという体質に、ストレスなどの後天的な影響があって初めてAGAを発症します。食生活や睡眠不足など、日頃の生活習慣も大きく影響するので、薄毛が気になったらまずは規則正しい生活をするのもひとつの手段です。少し前までは遺伝だからと諦めていたAGAも、だんだんと治療法が見つかり、諦める必要がなくなってきました。自分の状態に合わせた治療をすることが大切なので、むやみにセルフケアをすると逆効果になることもあります。