AGAを自分で気づくには

人間の髪の毛はおよそ10万本あり、1日平均すると50本から100本程度抜けていることになります。もしこのまま抜け続けたら数年で髪の毛は全部抜けてしまうということになりますが、そうならないのは髪の毛にはヘアサイクルがあるからです。
ヘアサイクルは通常であれば3年から5年とも言われており、その間髪の毛は成長を続けているのです。髪の毛は成長を続けることで伸び、その期間が長ければ太く強い髪の毛が生えてくることになります。しかしいつまでも髪の毛は伸びません。やがてその成長はとまり髪の毛は抜けてしまうことになります。これが毎日抜けてしまう髪の毛でもありますが、実は毛根から次の髪の毛が生えてくるため抜けるというサイクルを繰り返しているのです。
新しい毛が生えてくるためにいつも髪の毛はある状態なのですが、このヘアサイクルが乱れてしまうと薄毛になってしまうのです。男性の場合はAGAという症状で男性によく見られる薄毛の症状が特徴で頭頂部の髪が抜けてしまう、前髪が徐々に後退してくるという症状になります。
季節の変わり目などで髪の毛がよく抜けるということもありますが、AGAの場合は継続して髪の毛が抜けるという症状となります。
いつ始まったのか気づくことが難しく、最近髪の毛がよく抜ける、髪のボリュームがなくなった、髪の毛が細くなったなど気づく必要があります。
AGAで抜け毛が気になると気づいたら要注意です。まず専門医に相談するかロゲインなどを含む薬で治療を行うようにします。AGAは早めに治療を行うことが大切です。自分で気づいたときにはかなり進んでいるということもよくありますので、髪の毛がよく抜ける、髪のボリュームがなくなったと感じたら治療を行うことです。

■今時のAGA治療はジェネリック医薬品で安く治療する!
フィナロ
■フィンペシアでAGA治療を行ってみませんか?
フィンペシアの初期脱毛